2020/08/28 20:11



DAIRIKUからこのデニムが届くのを楽しみに

ここ最近は過ごしていた。


実はというと以前展示会かでお会いした際に、デザイナーの岡本氏が履いていらっしゃったDAIRIKUデニムに、

ご自身で手書きで落書きしているのを見た。

脳にダイレクトにカッコいいと入ってきた。


そんなセンスまで持ち合わせてるのか…


その時から


『製品化するか悩んでるんですよねー。』


と仰られていたので内心食い気味に『是非!』

と考えていたが製作の邪魔になってはいけないと、

控えめに言った事を覚えている。


何度も言うがもちろんこれらは全て手書き。

しかも我々の店舗分だけではなく、
全国の取引様の分ももちろん手書き。

一体どれだけの時間を費やしたのだろう…。

このデニムにかけた労力はもちろんだが、
それ以外ももちろん想像してほしい。


このデニムを自分が履いて過ごすとどうなるんだろう?

落書き自体に少し個体差はあるとしても、
きっと他の購入者の方との差は多くはないのだと思う。



購入したこのデニムと過ごした時間による
〝変化〟は
きっともっとパーソナリティを感じる物となり、
いつしかそれは自分自身だけの物となる。


それは自分だけにしか分からない価値のある物となる。


もしいつか履かなくなったとしても思い出してほしい。


買った時の気持ちを、履いた時の高揚感を、
履いて行った場所を、汚れて落ち込んでしまった場面を、
いつしかその汚れも愛着へと変わった瞬間を。


そんな愚直な服好きの手に渡る事を僕は願う。


20/22


KAKAVAKA 壮